尾道市銭湯情報!

ゲストハウス 尾道ポポー”オープンに向け連日DIY作業をやっていますが、もう少しするとDIY作業お手伝いの募集をしようと思っています。今現在ポポーハウスは水は出ますが、お湯は出ませんのでシャワーを使ったり、お風呂に入ったりできません。

 

お手伝いに来ていただいた方には近くの銭湯を紹介するようになると思いますので、銭湯について調べてみました。

 

現在尾道市には栗原温泉大栄湯寿湯大宮湯の4軒あるようです。

 

栗原温泉は昭和13年創業、地元の人たちに愛されている老舗の銭湯です。銭湯には珍しくミストサウナまで完備されています。また2階(700円)にはジェットバス、電気風呂、乾式サウナ、水風呂、休憩所などもあります。

住所:尾道市三軒家町4-19 電話:0848-23-4836 営業時間:15:00〜21:00 定休日:月曜日 駐車場:無料8台

 

大栄湯は昭和和32年に創業した昔ながらの銭湯です。湯船は創業当時から変わらないタイル張り。深めのお風呂でゆっくり疲れを取ってもらえます。シャワー完備。

住所:尾道市栗原西1-4-3 電話:0848-23-9587 営業時間:16:00〜21:00 定休日:土曜日 駐車場:無料4台

 

寿湯は昭和6年創業の銭湯。昔ながらの漢数字の書かれたロッカーや、タイル張りの湯船など古き良き時代を今に伝えています。ポスターや鏡などもどれも当時のものばかり。
住所:尾道市栗原東1-10-9 電話:0848-23-2155 営業時間:16:00〜20:00 定休日:不定休 駐車場:なし

 

大宮湯は昭和2年創業のレトロ好きにはたまらない銭湯です。

住所:尾道市東久保6-11 電話:0848-37-5809 営業時間:15:00〜21:00 定休日:水曜日 駐車場:なし

 

栗原温泉大栄湯寿湯大宮湯どの銭湯も”ポポーハウス”から車で5〜10分以内の距離です。

 

DIY作業手伝って一緒に銭湯行きませんか?DIY作業お手伝いの募集はまたこちらのブログでしますので、その際はよろしくお願いします!

 

今日も良い1日を!

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

進水式見学してみませんか?

昨日はカープ2年連続のセ・リーグ連覇を成し遂げましたね。DIYしながらラジオ聴きました。夜自宅でテレビを見ましたが、広島市内ではファンも大盛り上がりでした。これからCS、日本シリーズとさらに盛り上がっていくでしょう!チケットとれないかな〜

 

そんなカープの優勝で盛り上がっている広島県ですが、こんなものを見つけました。カープ仕様の大型船です!

というのはウソですが、偶然にも真っ赤な船ですね。僕がフォトショップで赤く加工した訳ではありません。実はこの写真、進水式の風景を写したものですが、尾道には造船所がたくさんあります。

 

 

造船所では年に何回か船台から海面に滑り下ろす進水式が行われます。来月初めにも尾道造船で進水式が行われます。一般の方の見学も可能です。みなさんも一度、船台進水を見学してみませんか?

 

 

尾道造船「進水式」

尾道造船で行われる進水式。進水式とは建造された船が初めて海へ浮かべられるセレモニーです。巨大な船体が滑りながら海へと進む様子をお楽しみください。

《日時》2017年10月4日(水)10:50開式
《場所》尾道造船(〒722-8602 広島県尾道市山波町1005)
《問合》尾道造船株式会社総務部総務課(0848-20-2953)

 

 

ゲストハウス 尾道ポポー”のすぐ近くにも造船所があります。造船ファンの方はゲストハウスがオープンしたら是非遊びに来てください!

 

今日も良い1日を!

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

談話室の壁塗りました!

昨日は台風の影響で雨が激しく降っていて尾道では在来線、船が運休したとニュースが流れていました。そんな中、DIYやってきました。

 

この前の漆喰内壁塗りの続きがしたかったのですが、前回塗ったところが下地のアクがでてきたのでそこは後回しにすることにして談話室になる予定の部屋の壁塗りをやりました。

 

この部屋の壁はほぼキレイだったのですが、一部どうしてもキレイに落ちない汚れがあったので塗り替えることにしました。

塗料はアサヒペン NEW水性インテリアカラー 和室カベ用というのを使いました。まずは養生をしてその後ローラーで塗ります。

 

BEFORE

光の加減で色がわかりにくいですが、元は白っぽい壁でした。

 

AFTER

汚れが消え壁の色が浅黄色になりました。

 

漆喰塗りに比べ塗料をローラーで塗ると早いです。まだまだ館内の内壁は塗り替える場所が多いのですが、当初漆喰で塗り替えるのが良いかと思っていましたが、塗料のほうがいい気がしてきています。試行錯誤しながらがんばります!

 

今日も良い1日を!

 

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

広島県のご当地お好み焼き

先日のブログで尾道に来て食べたいものと言ったら何?やはり外せないのはラーメンでしょうか?と書きましたが、では範囲を広げて広島県に来て食べたいものと言ったら何でしょう?やはりお好み焼きでしょう!

 

広島県民のソウルフードお好み焼きは広島市内だけでも約2000 軒のお好み焼店があるそうです。

小麦の生地に刻んだキャベツや具材を混ぜ合わせて焼く関西のお好み焼きに対し、広島のお好み焼きは小麦粉を水で溶いたものを薄く伸ばして焼いた生地で麺や野菜、肉といった具は混ぜないで重ねて焼き上げます。

 

全国的にも有名な広島のお好み焼きですが、実は広島県には他にも色々ご当地お好み焼きはあるのは知っていますか?

 

まずは”ゲストハウス 尾道ポポー”のある尾道市の「尾道焼」NHK 朝の連続ドラマ「てっぱん」で一躍有名になった尾道のお好み焼。尾道で人気のトッピングは、砂ずりとイカ天。やわらかいイカ天と、コリコリ食感の砂ずりは、独特の風味を醸し出しています。

 

次は府中市の「備後府中焼」広島のお好み焼は全体にふわふわ感やもちもち感が多いのですが、ここ府中市のお好み焼はヘラを入れたら、「バリッ」とか「ザクッ」という音がします。お肉も豚バラではなくミンチが入っています。

 

入っているものが変わっているといえば隣の三原市の「三原モダン焼」見た目はスタンダードなお好み焼きですが、一口食べてビックリなのが、鶏モツが入っています。しかもたっぷりと余すところなく敷きつめられていて、どこを食べてもモツの味がします。

次は三次市の「三次唐麺焼」唐辛子を練りこんだピリ辛の唐麺と、市販されていないカープソース辛口を使っていること。一口食べると、じわじわと辛みが効いてきます。

酒処、竹原市の「たけはら焼」のお好み焼に入るのは地元酒蔵の「酒粕」。生地に酒粕を練りこんで、香ばしい中に酒粕の香りが立ち上ります。

熊野筆で有名な熊野町のお好み焼「ふわふわ納豆焼」はその名の通り、山芋と卵のふわふわ生地に、納豆とがたっぷり入っています。

呉市のお好み焼「呉焼き」は見た目も少し違っています。呉名物「細うどん」を使っていることと、最後に二つ折りにするのが特徴です。

広島県には色々なご当地お好み焼きがあります。広島県に来られた時は是非お好み焼きも食べてみてください。

 

今日も良い1日を!

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

漆喰内壁塗りスタートしました

注文していた撹拌機も届いたので漆喰内壁塗りやってみました。

 

以前  塗り壁教室に参加して以来の壁塗りになります。まず届いた撹拌機でしっくいと水を混ぜ撹拌します。水を入れすぎると柔らかくなりすぎるし、水が少ないと硬くなり塗りにくいのでちょうど良いと思われる硬さになるように水を調整しながら混ぜます。

実は前日も少しだけ塗っていたのですが塗った所の紙が浮いていて指で押さえるとペコペコしていたのでやり直しました。

隅も丁寧に塗っていきます。

順調に塗っているように見えますが、実際は結構時間がかかりました。

漆喰を塗っては無くなって、また漆喰を撹拌して塗れる状態のものを作ってを繰り返しました。後半は一度にたくさんの漆喰を撹拌し塗るスピードを上げようと思い一度にたくさんつくりましたが、良く漆喰が混ざっていなかったらしく所々かたまりが残っていて塗りにくくなり、手で直接塗って後でヘラでなめらかにしていました。

 

最初はゴム手袋をしていたので良かったのですが、途中に外して素手で漆喰を触っていたので作業後、手が乾燥しきって油分を取られたようになりピリピリ痛くなりました。そのあといくら石鹸で洗っても治らなく自宅に帰ってオロナインを塗ってやっと治りました。漆喰は素手で触らない方がいいと身をもって感じました。

 

塗った部屋は4.5畳の部屋なんですぐ終わるだろうと思っていましたが、部屋全体の半分もできませんでした。思った以上に時間かかりそうです。

 

今日も良い1日を!

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

 

 

 

「鶏そば本店」に行ってきました!

個人的なラーメンランキング1位が入れ替わった?

 

尾道に来て食べたいものと言ったら何?やはり外せないのはラーメンでしょうか?

 

では尾道でラーメンを食べに行くとしたらどこのお店?人気なのは朱華園、壱番館、つたふじ東珍康・・・

 

個人的には朱華園が好きです。先日、のくちんさんとバナナさんが遊びに来てくれた時に一緒に朱華園に行こうと思っていたのですが、その3日前にじゃけんさんと行ったとき夏期休業だったので多分休みだろうと思い別の店にすることにしました。

 

どこの店に決めようか考えていたら、前から気になっていたけど行ったことの無かった「鶏そば本店」を思い出しました。

 

お店の前を通るたびに「鶏そば」ってどんな味なんだろう?そばって日本そば?中華そば?と思っていました。今回やっと行くことができました。

 

店内に入ってみるとラーメン屋の雰囲気ではなく、どちらかというと喫茶店のような店内でした。しかし入ってすぐの所に「鶏そば」で使っていると思われる小麦粉が置いてありました。ここの麺は北海道産の小麦を使った自家製麺のようです。

 

お店の人がメニューを持ってきてくれてみると種類がとても多い上にスープが濃厚あっさり(えっどっちなん?)とか超濃厚ぽってり(ぽってりって何?)とか淡麗しお、淡麗ゆず、たまり醤油とあってどれを選んで良いかわからない状態でした。鶏の種類も選べるらしく、とり、あさびき、れあぶあ、鴨ロースの4種類ありました。(この日人気のあさびきは売り切れでした)

 

しかもその上定食もあり結構悩みましたが、

まずは初めてなんで基本的な「濃厚あっさりのにごり鶏そば とり」を注文しました。温泉卵は希望者には1コ無料でつきます。

 

さてどんな味か?一口食べてみました。

「!!」「うまい!!」

スープが抜群にうまい!とんこつじゃないし、醤油でもないし、例えるなら「パイタンスープ?」でもパイタンとは全く違う作り方なので「にごりスープ」という名前らしいです。スープだけではなく、麺もトリも凄く美味しいです!想像以上の美味しさでびっくりしました。一緒に行ったのくちんさんもバナナさんも「美味しい!」と大好評でした。

 

個人的には尾道のラーメンでは朱華園が1番おいしいと思っていましたが、1番が入れ替わった気がします。その位美味しいです!

 

「鶏そば本店」はゲストハウス 尾道ポポー”から車で10分の場所にあります。来られたゲストさんには「鶏そば本店」を声を大にして紹介したいと思います。

 

 

今日も良い1日を!

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

漆喰塗りの準備OK!

内壁に漆喰を塗るためにその準備として壁紙剥がしとシーラー塗りをやりました。

 

ネットなどの情報では漆喰を塗るのに壁紙の上に直接塗っても大丈夫とありました。

 

最初はそうするつもりで壁紙が剥がれかけている個所にノリを付けていましたが、壁紙の裏の土壁が崩れているものもあり、このまま壁紙の上に漆喰を塗ってもキレイにならない気がして壁紙を全て剥がしてからその後シーラーを塗ってその上に漆喰を塗ることにしました。

 

漆喰は呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれるので壁紙の上に塗るとその効果も半減するような気がしたので土壁の上に漆喰を塗るほうが良い気がします。

 

写真ではキレイに見えるこの壁の壁紙を剥ぐと

 

土壁が出てきました。

 

さらにもう1回!この白い壁の壁紙を剥いで

 

こうなりました。何か逆って気がしません?次に土壁にシーラーを塗りました。

 

明日以降に漆喰を塗っていきます。養生もしっかりやりました。漆喰塗りの準備OKです!

取り合えず1部屋塗ってどんな感じが様子みてみます。どうなることやら・・・

 

今日も良い1日を!

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

 

 

のくちんさん、バナナさん ポポーハウスに登場!

昨日は倉敷から有鄰庵スタッフの「のくちん」さんと九州・佐賀から「バナナ」さんが一緒に”ポポーハウス”に遊びに来てくれました。

 

二人とは僕が阿蘇び心太宰府店で研修中に出会って、その後、博多のB&C Gakubuchiオープン前に行われたDIY講座でも一緒でした。明日しまなみであるイベントに参加する途中に寄ってくれたのですが、それでもその途中に寄ろうと思ってくれたのが嬉しいですね。

まず館内を案内して、あ〜したら良いとかこ〜したら良いとか話が盛り上がりました。写真は裏山を見て利用方法など話合っています

 

その後昼食を食べに行きとてもおいしい超オススメ店を見つけました。そのお店はまた今度紹介します。

 

食事をした後、帰りに”ポポーハウス”からもすぐ行ける絶景ポイント浄土寺山頂上にある浄土寺山展望台に行ってきました。

 

駐車場に車を止め、3分ほど森の中を歩きます。マイナスイオンが出ていて気持ち良いですよ!

 

少しすると大きな岩が出現します。

その岩を過ぎると浄土寺奥の院です。岩の裏側はお地蔵さまがいて岩にも何か彫ってあります。

お地蔵さまの前でポーズをとる「のくちん」さん

 

そこから少し上って展望台へ!尾道水道をバックに撮影すると逆行になりました。

こちらの方向だと逆行にならないのですが、背景が・・・

”ポポーハウス”を出た後、少し雨も降っていましたが雨もやんでこの景色を見れて良かったです。

 

今回は浄土寺山展望台に来ましたが、ポポーハウス近くには山頂付近に巨大な巨石群が点在していて、古代の巨石信仰の聖地であったと言われている岩屋山の話をするとそこも行ってみたい!となりました。

 

次回また”ゲストハウス 尾道ポポー”に来ていただいた時に案内しますよ!

 

「のくちん」は倉敷から近いんでまたDIY手伝いも来れるようならぜひお願いします!

「バナナ」さんは佐賀から遠いと思いますが、オープンしたら是非1度泊まりに来てください!

 

 

今日も良い1日を!

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

 

 

 

 

 

 

尾道行き渡船場までの散歩

先日ブログで尾道渡船を紹介させていただきましたが、今後はその渡船に乗るまでのポポーハウスから兼吉の尾道行きフェリー乗り場(渡船場)までを散歩している感じで紹介します。

 

まずポポーハウスを出発し150mほど、時間にして約2分ほど歩くと正面に尾道水道が広がります。尾道水道を挟んだ向こう側には国宝の浄土寺も見えます。

 

ここにはベンチもありますのでゆっくりと海からの風を感じながら船も通るのどかな風景を見ることができます。

 

道が西方向にカーブしますので、そのまま5分ほど歩くと右手に造船所を見ることができます。実際に船を作っている所がこんな感じで見ることができます。

 

さらにこそこから3分ほど西に歩き、左折し南へ4分ほど歩き右折れすると橋にでます。橋を渡って右折し、北方向へ5分ほど歩くと尾道出身の映画監督、大林宣彦監督の作品「あした」のロケセットがを見ることができます。この建物、現在はバスの待合所として使用されています。

 

そこから真正面に見える場所が尾道渡船の尾道行きフェリー乗り場です。ポポーハウスから徒歩約20分です。距離にして1.5kmほどありますが、途中に見る所もあるのでそんなに遠く感じません。

 

逆に渡船で尾道から向島に渡って”ゲストハウス 尾道ポポー”を目指す場合は今と逆の道順になります。散歩気分で歩いてみると新たな発見があって面白いですよ。(ちなみに下の写真は渡船を降りてすぐの景色です)

 

今日も良い1日を!

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス

「もしも!」の時も安心です!

昨日の朝、子供をだっこして2階から1階に降りるとき、今日は体が凄く熱いな〜と感じました。

 

いつもだと元気に走り回っているのが、珍しく大人しいので熱を測ったら38.9度ありました。

 

これは病院に連れて行かなければ!と思いましたが日曜なんで開いている病院は限られています。

 

日曜でも開いている病院を調べ電話したら小児科専門の先生ではないという理由で別の病院を勧められ、小児科専門で開いている別の病院で診てもらいました。熱はありましたが、結構元気であまりたいした事にならなかったので安心しました。

 

誰に限らず急に調子が悪くなると心配しますね。

 

今後”ゲストハウス 尾道ポポー”をオープン後、宿泊されているゲストさんの体調が悪くなることもあると思います。

 

ちょっと調子が悪く薬を飲めば治るくらいなら、ポポーハウスより1kmちょっと先に「スーパードラックひまわり」があります。営業時間も朝9:00〜夜9:00までと長く便利です。

 

 

病院に行かないといけない場合は、同じ向東町にある「松本内科胃腸科医院」も胃腸科だけではなく内科全般も診てくれます。こちらはポポーハウスより約2kmです。

 

尾道水道を挟んだ対岸の久保町にも「松本病院」があります。こちらはポポーハウスより車で5分で行けます。

土日で病院が休みの場合や遅い時間の場合は「尾道市立夜間救急診療所」がありますポポーハウスより車で10分です。

 

ゲストハウス 尾道ポポー”は周りが山でかなり田舎のように思うかも知れませんが、実は尾道駅から直線距離で1.6kmほどで便利な場所にあります。「もしも!」の時にも安心できますよ!

 

今日も良い1日を!

 

 

JUGEMテーマ:ゲストハウス