広島のお土産品〜もみじ饅頭〜

JUGEMテーマ:ゲストハウス

 

広島のお土産と言ったら皆さん何を思いつきますか?すぐに思いつく広島を代表するお土産は・・・・・

そう!もみじ饅頭です!

 

 

先日もみじ饅頭発祥の地、宮島に行ってきましたので今日はそんなもみじ饅頭も紹介をしたいと思います。

 

 

今や全国的にも有名になったもみじ饅頭は明治後期の厳島(宮島)で生まれました。もみじ饅頭の起源には伊藤博文がかかわっていたという説があり、伊藤博文が茶屋で休憩していた折、給仕した娘の手を見て「なんと可愛らしい、もみじのような手であろう。焼いて食うたらさぞ美味しかろう」と冗談を言った話をヒントに考案したとのことです。

 

最初のもみじ饅頭はこしあん入りのみでしたが、昭和初期にはつぶあんが誕生し、今では色んな種類のもみじ饅頭があります。

 

1980年代の漫才ブームの頃にはお笑いコンビ「B&B」の島田洋七さんが「モミジマンジュウ!」というギャグをやっていましたね(若い人は知らないと思いますが・・・年齢がばれる・・・)1984年にチーズもみじが発売されたのを皮切りにカスタード入りやチョコレートクリーム入りなど多くのバリエーションが生み出されました。

 

もみじ饅頭を製造や販売しているお店はたくさんあり、そのお店限定のもみじ饅頭というのも多くあります。

チョコもみじでも中にチョコレートクリームが入ったオーソドックスなものや、やまだ屋さん限定でもみじ饅頭をチョコでコーティングされたものもあります。

 

クリームチースのような洋風餡入りのチーズクリームもみじもあればミヤトヨ本店さんの塩気の利いた濃厚なプロセスチーズ入りなんてものもあります。

 

食べたことはありませんが、最近では瀬戸内産レモンの入ったレモンもみじもあるそうです。

 

宮島内にはもみじ饅頭を製造・販売しているお店も多いです。もみじ饅頭の種類が多いやまだ屋さんは昭和7年創業だそうです。

 

藤い屋さんは大正14年創業だそうです。すごい老舗ですね!

 

他にも木村屋さん博多屋さん、紅葉堂さんなど有名なお店やもみじまんじゅうを販売しているお店の多くは表参道商店街(清盛通り)に多くありますので宮島に行った時は食べ歩いてみてはどうでしょう?お店によっては実際に作っている様子をみることもできますよ。

 

広島を代表するお土産のもみじまんじゅうは宮島だけでは無く、広島県内のほとんどのお土産屋さんで購入できます。

 

 

広島県に来られた際にもみじ饅頭をお土産に買って帰るときは、オーソドックスなもみじまんじゅうも良いですが、色々種類もあるのでぜひ珍しいもみじ饅頭も買ってみてください。

 

 

今日も良い一日を!

 

 

 

 

 

↓ホームページはこちらからどうぞ↓

 

 

 

☆ブログランキングに参加しています☆。

 

今日の記事が面白いと思った人はポチッと押してくださると嬉しいです!


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント