ゲストハウス若葉屋さんに宿泊してきました

JUGEMテーマ:ゲストハウス

 

 

【ゲストハウス 尾道ポポー 公式ホームページ】はこちらからどうぞ

 

12月9日(日)からちょっと館内のメンテナンスがあり3日間休みました。

 

せっかくの休みなんで、メンテナンスは業者さんにまかせて2泊3日で香川県へ旅行に行ってきました。旅行の1番の目的は他のゲストハウスの泊まりに行くことです。

 

他のゲストハウスに泊まれば自分の所とも違いがわかり、良いことは取り入れることもできますし、客観的に自分の宿の良さや悪さもわかると思いました。

 

そう思って泊まった1泊目のゲストハウスは香川県高松市の”ゲストハウス 若葉屋”さんです。

 

若葉屋さんのことは以前宿泊してくださったゲストのMさんに聞いて知っていたのですが、小さなお子さんがいて、お子さん連れを歓迎されていることや、2段ベッドのドミトリーや和室などもあり”ゲストハウス 尾道ポポー”と似ているような気がしたので参考になる部分が多いと感じ選ばせていただきました。

 

グーグルマップで目的地を設定して行ったのですが、若葉屋さんに到着して最初に見えたのが灯りつきの大きな看板です。初めての場合すぐそばにあってもどこだろう?と思うことが多いので、大きな看板と灯りがついていれば安心できますね。”ゲストハウス尾道ポポー”もこういうふうにしないといけないな〜と感じました。

 

玄関前には若葉屋という文字が灯りで浮き上がるようになっていました。これもオシャレでいいですね。

 

館内に入って茶の間でチェックインしました。こちらはゲストハウス尾道ポポーでいう談話室でくつろげます。

 

壁にはフライヤーがキレイに収納されていました。先日僕もフライヤーやパンフレット用に棚を作りましたが、薄い紙類はめくれるので困っていましたが、若葉屋さんのやり方だったらそういうことも無さそうなので、こうすれば良かったんだ〜と思いました。

 

若葉屋さんは外国人のゲストさんんも多いらしく、色々な箇所に英語表記されていました。外国人の方にとってありがたいですね。

 

2階にあがる階段には手すりがついていました。これは年配の方には嬉しいですね。

 

ドミトリーの2段ベッドも見させていただきました。枕元に貴重品BOXがあったり、カーテンレールも開閉時に音が出にくいものにしていたり色々考えられているのがわかりました。

 

”ゲストハウス 尾道ポポー”とは違う箇所も多くとても勉強になりました。

 

翌朝チェックアウト時に宿主の若宮さん一緒に写真を撮らせていただきました。若宮さん色々見させていただいたり、教えてくださりありがとうございました!

 

今回の若葉屋さんの宿泊で知った良いところを参考に今後いろいろと改善していきたいです。

 

今日も良い1日を!

 

 

 

ゲストハウス若葉屋

住所:香川県高松市観光町603-1

電話:070-5683-5335

http://wakabaya.main.jp/

 

 

 

↓ホームページはこちらからどうぞ↓

 

 

 

☆ブログランキングに参加しています☆

 

寒さに負けすがんばろう!思ったらポチッと押してくださると嬉しいです!


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント